2020年3月7日土曜日

FUJIFILM XF10を購入

これまでこのブログに掲載している写真撮影に使用されてきた、SONY DSC RX100。
2019年11月の旅行時に2度目の故障(しかも往路便の飛行機の中で!)。
2016年に中古で購入し、活躍してくれましたが、2018年4月に修理、今回2019年に再度故障ということでなかなか修理に出す決心に至らず。

修理代も1万5000円(税抜き)はかかりそう。
過去にさかのぼって写真の撮り直しは出来ないので、次の旅行ではいい写真撮りたい。
中古ではなく新品を購入すれば故障の確率は低いはず。
以上で妻を説得。

妻の「いい写真撮ってくれるならしょうがないわね~」との好感触にて、新たな新品のカメラ探しに入ります。
そういえば過去にも同じようなことあったような。。。
なにやらデジャブな感じです。
sony dsc rx100を購入



購入するカメラの条件

候補選定の条件としては、以下でしょうか。
1.レストラン、バーなどに持ち込んでも気にならないサイズのコンデジ。
2.レストランでのディナーや、バーなどなど暗いシーンでもいい写真が撮れる。
3.素人でもいい写真が撮れる。
4.故障しなそう。
5.税込み5万以下。
6.新品。
色々、キーワード変えつつ検索します。

FUJIFILM XF10に決定!

コンデジも色々な選択肢があって
「SONY DSC RX100」シリーズ
「Canon Powershot G」シリーズ
「RICOH GR」シリーズ。
魅力的なカメラが色々ありますが、ちょっと予算オーバーです。。。
元々使用していたSONY DSC RX100初代は、3万台で新品で買えそうですが、
今持っているのを修理出さずに新品で買いなおすのは少しためらいがあります。
すごくいいカメラだとは思いますが。
そんなこんなで、思いを巡らしつつたまたま見つけたのが、FUJIFILM XF10。
購入の決め手となったのは、APS-Cサイズのイメージセンサーを搭載していること。
APS-Cてなに?と思われる方もいるかと思います。
電気もぐらも詳しいわけではないので調査しました。
ザックリですが、
APS-Cサイズ   23.4mm X 15.6mm
1インチサイズ   13.2mm X 8.8mm
1インチサイズセンサーと比較してAPS-Cサイズは3.24倍以上のサイズ!
単純な電気もぐらとしては、センサーサイズがでかいと、たくさん光取り込めるから、
暗いシーンでもいい写真が撮れんじゃね!と思ってしまいました。
いや、現実としてはレンズ性能とか画素数とか、そもそも写真撮る人の腕とかあったりするのでしょうが。
先代のSONY DSC RX100は1インチサイズセンサーで、かなり高画質な気がしますので単純にセンサーサイズだけ大きくしてもな~とも考えました。
そんな時に最後の一押しとなったのがこちら。

XF10でロンドンをスナップ

さすがにプロ!
同じカメラでもなかなかこんなにカッコイイ写真は撮れないでしょうが、
いい写真とれんじゃね!と思ってしまいます。

FUJIFILM XF10購入前に悩んだこと

というわけでFUJIFILM XF10購入を決意しましたが、いくつか気になった点もあります。
1.光学ズーム非搭載
   短焦点レンズで光学ズーム非搭載ですので、望遠的な機能はありません。
   結構、旅行先で野鳥などの写真を撮ったりしていたのでかなりの割り切りポイント
   でした。
2.手振れ補正機能無し
   気合で腕固めるべし!なんとかなるハズ。
3.手動のレンズキャップ
   電源ONでレンズカバーが自動で開くタイプではなく、レンズキャップを手動で
   外す、はめるが必要。先代のSONY DSC RX100はここが故障したこともあり、
   手動のほうが故障のリスクは減るかも。。。と思い込む。

FUJIFILM XF10購入!

ここから2枚の写真はスマホですが
Amazonで発注。箱はまあそれなりです。


結構カッコイイ。素人には十分。先代のSONY DSC RX100にはなかった
コントロール・リングの使い方覚えねばなるまい

FUJIFILM XF10での1枚

リサイズしてます。東京ミッドタウンにて。
FUJIFILさんの東京ミッドタウン本社が写っているのはたまたまです。
あとから気づいた。

最後に

妻の「いい写真、撮ってくれんだよね〜」との注文に、
「腕はないがカメラのレベルが上がれば、その分上積みはある!」と宣言し
「写真の練習せねば」と思う電気もぐらです。

それではまた!